猫の種類

アメリカンボブテイルはどんな猫?性格など特徴を解説!

アメリカンボブテイルの成猫

アメリカンボブテイルはどんな猫種なのかを解説します。

アメリカンボブテイルに関する基本データや歴史、特徴・性格、飼い方、似ている猫種についてわかりやすくシンプルにまとめています。

アメリカンボブテイルの基本データ

アメリカンボブテイルの基本的なデータを以下の表にまとめました。

名前 アメリカンボブテイル:American Bobtail
出身 アメリカ
体型 ロング&サブスタンシャル
体重 4〜7kg
寿命 11〜15年
毛種 長毛種/短毛種
主な毛柄 ソリッド、タビー、ティップド、パーティーカラー、キャリコ&バイカラー、ポインテッド
主な毛色
ブラック
ホワイト
ブルー
チョコ
シナモン
レッド
クリーム
主な目色
ブルー
アクア
グリーン
ヘーゼル
イエロー
ゴールド
カッパー
オッドアイ
しつけのしやすさ
[3.5/5.0]
手入れの必要
[3.0/5.0]
毛の抜ける量
[1.5/5.0]
鳴く頻度
[3.0/5.0]
運動量
[3.0/5.0]
食事量
[2.5/5.0]
なつき度
[4.0/5.0]
子供適応性
[4.5/5.0]
他ペット適応性
[4.5/5.0]

アメリカンボブテイルの歴史

アメリカンボブテイルの歴史は1960年代にとあるアメリカ人夫妻が、 アメリカのアリゾナ州に旅行している最中に見つけたしっぽの短い猫から始まります。

アメリカ夫妻は見つけた迷子猫を自宅があるアイオワ州に連れ帰り、自宅で飼っていたシャム猫と交配させました。 産まれてきた子供もしっぽが短かかったため、遺伝が理由でしっぽが短いということがわかりました。

しっぽが短いことに注目され、その後は計画的にブリーディングが行われました。 1989年に猫の血統登録団体であるTICAより猫種として公認されました。

  • アメリカのアリゾナ州のしっぽの短い迷子猫が始まり
  • 1989年に猫の血統登録団体であるTICAより猫種として公認された

アメリカンボブテイルの特徴と性格

アメリカンボブテイルはロング&サブスタンシャルタイプの体型で、体は大きめでガッシリとしています。 しっぽが短いことがアメリカンボブテイルの特徴です。

愛情豊かな猫なので人間の子供や、犬などの他のペットともうまく関係を築きます。 またとても賢いので、しっかりとしつければ小技を覚えたり投げたものを持ってきたりをすることができます。

愛情豊かで賢いので、ゴールデンレトリーバーのような犬に似ている部分があります。

  • がっしりした体格でしっぽが短い
  • 愛情豊かでとても賢く犬のような性格

アメリカンボブテイルの飼い方

アメリカンボブテイルは長毛タイプと短毛タイプがいますが、 どちらのタイプでもダブルコートの被毛です。抜け毛が多めなのでグルーミングを十分にしてあげましょう。

適応力はとても高く環境の変化には強いとされているので、 人の出入りが多かったりたくさん居住を変える場合には適しているでしょう。

一般的に健康とされてはいますが、十分に運動させることや食事も適切に与えて健康管理に気をつけましょう。

  • 毛の抜ける量が多めなのでグルーミングを十分に
  • 適応力が高いので環境の変化もへっちゃら
  • 一般的に健康ではあるが健康管理はしっかりしょう

アメリカンボブテイルと似ている猫種

アメリカンボブテイルに似ている猫種は、ジャパニーズボブテイルやバーマンが該当します。

ジャパニーズボブテイルはアメリカンボブテイルと同様にしっぽが短い猫種です。 アメリカンボブテイルに比べると体は小さめです。

あわせて読みたい
ジャパニーズボブテイルはどんな猫?性格など特徴を解説!ジャパニーズボブテイルの基本データ ジャパニーズボブテイルの基本的なデータを以下の表にまとめました。 …

バーマンはアメリカンボブテイルの繁殖プログラムに加わっていたとされています。 それもあるのか、アメリカンボブテイルはバーマンに近い性質をもっています。

あわせて読みたい
バーマンの成猫
バーマンはどんな猫?性格など特徴を解説!バーマンの基本データ バーマンの基本的なデータを以下の表にまとめました。 …