猫の種類

ベンガルはどんな猫?性格など特徴を解説!

ベンガルの成猫(全身)

ベンガルはどんな猫種なのかを解説します。

ベンガルに関する基本データや歴史、特徴・性格、飼い方、似ている猫種についてわかりやすくシンプルにまとめています。

ベンガルの基本データ

ベンガルの基本的なデータを以下の表にまとめました。

名前 ベンガル:Bengal
出身 アメリカ
体型 ロング&サブスタンシャル
体重 ♂オス:3〜6kg
♀メス:3〜5kg
寿命 10〜16年
毛種 短毛種
主な毛柄 スポッテッドタビー
主な毛色
ブラック
ホワイト
ブルー
チョコ
シナモン
主な目色
ブルー
アクア
グリーン
ヘーゼル
イエロー
ゴールド
カッパー
しつけのしやすさ
[3.0/5.0]
手入れの必要
[4.0/5.0]
毛の抜ける量
[3.5/5.0]
鳴く頻度
[3.0/5.0]
運動量
[2.5/5.0]
食事量
[2.5/5.0]
なつき度
[4.0/5.0]
子供適応性
[3.0/5.0]
他ペット適応性
[4.0/5.0]

ベンガルの歴史

ベンガルの祖先は世界のジャングルに生息している小さな野生の猫です。 その野生の猫はアジアンレオパードという品種ですが、 学名が「Prionailurus bengalensis」ということから「ベンガル」という品種名になりました。

1960年代、アメリカのブリーダーが野生のアジアンレオパードと家庭の猫を交配させ、最初のベンガルが生み出されました。

ブリーダーたちにより繁殖は続けられ、1986年には猫の血統登録団体のTICAにより猫の種類として認められました。

  • ベンガルの祖先はジャングルに住む野生の猫
  • 祖先である野生の猫の学名から「ベンガル」という猫の種類名になった
  • 1986年にはTICAにより猫の種類として認められた

ベンガルの特徴と性格

ベンガルは被毛の柄に特徴をもっていて、まるでヒョウのような斑点柄のスポッテッドタビーという被毛パターンです。 体の大きさに特徴はありませんが、筋肉質でがっしりとしています。

野生に近い祖先にもつ品種だからといって、ベンガルは凶暴ではなくとてもおだやかでフレンドリーです。

ベンガルは猫の品種の中でもかなり賢いため、しつけを十分にすれば言うことを理解してくれますが、 好奇心がとても強いためしつけ忘れて行動してしまう場合があります。

  • ヒョウのような柄の被毛が特徴
  • とてもおだやかでフレンドリーな性格
  • 好奇心がとても強い

ベンガルの飼い方

ベンガルを飼う上での注意点としては少しいたずら好きというところです。 とても賢くドアや棚の引き出しを開けていたずらする場合もあるので注意しましょう

ベンガルは運動量が多く遊びが好きな猫です。 体を動かしてストレスがたまらないようにキャットタワーなどで上下運動できるようにしてあげましょう。 飼い主がたくさん遊んであげることも重要です。

  • 賢いいたずらには気をつけよう
  • 運動しやすい環境を作ってあげよう

ベンガルと似ている猫の種類

ベンガルと似ている猫の種類としてはエジプシャンマウがいます。

エジプシャンマウもベンガル同様に被毛がヒョウの様に斑点模様なのが特徴です。 エジプシャンマウはベンガルよりは体がほっそりとしていて、セミフォーリンタイプの体型となります。

あわせて読みたい
エジプシャンマウはどんな猫?性格など特徴を解説!エジプシャンマウの基本データ エジプシャンマウの基本的なデータを以下の表にまとめました。 …