猫の種類

スコティッシュフォールド:性格など特徴をシンプルに解説!

こっちを見るスコティッシュフォールドの成猫

スコティッシュフォールドはどんな猫の種類なのかを解説します。

スコティッシュフォールドに関する基本データや歴史、特徴と性格、飼い方、似ている猫の種類についてわかりやすくシンプルにまとめています。

他の猫の種類について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
全44種 猫の種類の一覧
【猫の種類】全44種の人気で有名な猫を写真付きで一覧にまとめ!有名で人気な全44種類の猫を写真付きで一覧にまとめました。 毛の長さ、体型、毛の模様のそれぞれで絞り込み検索することができます。…

スコティッシュフォールドの基本データ

リッチくん
リッチくん
チャートと表を使って、スコティッシュフォールドの情報をシンプルにまとめました。

チャートでわかるスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの特徴を9つの観点で評価しチャートにしました。

しつけのしやすさ
[4.5/5.0]
手入れのしやすさ
[3.0/5.0]
毛の抜けにくさ
[3.0/5.0]
鳴き声の静かさ
[4.0/5.0]
運動量の少なさ
[4.0/5.0]
食事量の少なさ
[3.5/5.0]
なつきやすさ
[4.0/5.0]
子供適応性
[4.0/5.0]
他ペット適応性
[4.0/5.0]

表でわかるスコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの基本的な情報を以下の表にまとめました。

名前 スコティッシュフォールド:Scottish Fold
出身 スコットランド(イギリス)
体型 セミコビー
体重 ♂オス:3〜6kg
♀メス:3〜5kg
寿命 11〜14年
毛種 短毛種
主な毛柄 ソリッド、タビー、ティップド、パーティーカラー、キャリコ&バイカラー
主な毛色
ブラック
ホワイト
ブルー
レッド
クリーム
主な目色
ブルー
アクア
グリーン
ヘーゼル
イエロー
ゴールド
カッパー
オッドアイ

スコティッシュフォールドの歴史

スコティッシュフォールドの歴史は、1961年にスコットランドの農家に住んでいた猫に始まります。 その猫は「スージー」という名前でした。スージーの耳は前方に折れ曲がる個性的な耳でした。 スージーは子供を産みましたが、子猫の中にはスージーと同じ折れ曲がった耳をもつ子がいました。

農家の近隣に住むロス夫妻が耳の折れ曲がった子猫を譲り受けると、ブリティッシュショートヘアと交配させました。 すると再び折れ曲がった耳の子猫が生まれました。 ロス夫妻はその後も計画的に繁殖を進め、スコティッシュフォールドは順調に増えていきました。

途中、アメリカンショートヘアやエキゾチックショートヘアとも交配を重ねることで品種の繁栄が進みましたが、 イギリスの猫協会は折れ曲がった耳は感染症や聴覚障害を引き起こすかもしれないと懸念して、 スコティッシュフォールドを猫の種類とは認めませんでした。

1970にはアメリカに渡り、比較的に短期間で複数の品種登録団体(TICAやCFA)から猫の種類として登録されました。 日本だけでなくアメリカでも人気の高い猫です。

歴史のポイント

  • スコットランドの農家に住んでいた折れ曲がる耳をもつ猫がルーツ
  • ブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアとの交配を重ね繁栄が進んだ
  • イギリスの猫協会からは健康上の懸念から猫の種類としては認められていない
  • 世界的な品種登録団体であるTICAやCFAからは品種として認められ登録されている

スコティッシュフォールドの特徴と性格

スコ座りをするスコティッシュフォールドの成猫(全身)

スコティッシュフォールドの最大の特徴は前方に折れ曲がった耳です。 折れ曲がり具合は個体差があり、立ち耳の場合はスコティッシュストレートと呼ばれることがあります。 耳の折れ曲がり具合が強い場合は、フクロウに似た見た目になります。

スコティッシュフォールドの体型は中型でセミコビータイプです。 顔や目、足先が丸みを帯びていて、全体的に丸みがあるのが特徴です。

体の骨格の都合から、「スコ座り」と呼ばれる座り方をする場合があります。 後ろの両足を前方に投げ出す形の座り方で、猫には珍しい座り方です。

スコティッシュフォールドの性格はおっとりとして穏やかです。 飼い主に良くなつき従順な猫です。

特徴と性格のポイント

  • 前方に折れ曲がっている耳が最大の特徴
  • 全体的に丸みを帯びた体つきをしている
  • 猫には珍しい座り方である「スコ座り」をする場合がある
  • おっとりとした穏やかな性格で飼い主に従順

スコティッシュフォールドの飼い方

耳が折れ曲がった同士を交配させると、 生まれてくる子供に健康上の問題が現れやすいと言われています。 スコティッシュフォールドを交配させる場合は異なる猫の種類を相手にしましょう。

スコティッシュフォールドは人々と一緒にいることを好み、孤独にされることが苦手です。 孤独な時間をできるだけ少なくしてあげるように工夫をしましょう。 仲間となる他のペットを飼ってあげることを検討してみても良いでしょう。 長時間仕事などで家を空けることが多い場合は、 スコティッシュフォールドを飼うのには向いていないです。

飼い方のポイント

  • 健康上の問題のある猫が生まれる可能性が高くなるため、スコティッシュフォールド同士の交配はやめよう
  • 孤独が苦手なので、できるだけ誰かと一緒に生活できる環境にしてあげよう

スコティッシュフォールドと似ている猫の種類

スコティッシュフォールドと似ている猫の種類は、 アメリカンショートヘアブリティッシュショートヘアが挙げられます。

スコティッシュフォールドの品種が確立されるまでにどちらの種類も掛け合わされているため、 似ているのにも納得がいきます。

スコティッシュフォールドはセミコビータイプの体型ですが、 アメリカンショートヘアとブリティッシュショートヘアも同じ様にセミコビータイプの体型です。 体型の見た目が良く似ています。

前に折れ曲がった耳は、スコティッシュフォールド特有の見た目です。

あわせて読みたい
こっちを見ているアメリカンショートヘアの成猫
アメリカンショートヘア:性格など特徴をシンプルに解説!アメリカンショートヘアはどんな猫の種類なのかを解説! アメリカンショートヘアに関する基本データや歴史、特徴・性格、飼い方、似ている猫の種類についてわかりやすくシンプルにまとめています。…
あわせて読みたい
ブリティッシュショートヘアの成猫(全身)
ブリティッシュショートヘア:性格など特徴をシンプルに解説!ブリティッシュショートヘアはどんな猫の種類なのかを解説! ブリティッシュショートヘアに関する基本データや歴史、特徴・性格、飼い方、似ている猫種についてわかりやすくシンプルにまとめています。…

参考文献

RELATED POST