猫の種類

ハバナブラウン:性格など特徴をシンプルに解説!

こっちを見ているハバナブラウンの成猫(全身)

ハバナブラウンはどんな猫の種類なのかを解説します。

ハバナブラウンに関する基本データや歴史、特徴と性格、飼い方、似ている猫の種類についてわかりやすくシンプルにまとめています。

他の猫の種類について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
全44種 猫の種類の一覧
【猫の種類】全44種の人気で有名な猫を写真付きで一覧にまとめ!有名で人気な全44種類の猫を写真付きで一覧にまとめました。 毛の長さ、体型、毛の模様のそれぞれで絞り込み検索することができます。…

ハバナブラウンの基本データ

リッチくん
リッチくん
チャートと表を使って、ハバナブラウンの情報をシンプルにまとめました。

チャートでわかるハバナブラウン

ハバナブラウンの特徴を9つの観点で評価しチャートにしました。

しつけのしやすさ
[4.5/5.0]
手入れのしやすさ
[5.0/5.0]
毛の抜けにくさ
[3.0/5.0]
鳴き声の静かさ
[4.0/5.0]
運動量の少なさ
[3.5/5.0]
食事量の少なさ
[3.5/5.0]
なつきやすさ
[4.5/5.0]
子供適応性
[3.5/5.0]
他ペット適応性
[4.0/5.0]

表でわかるハバナブラウン

ハバナブラウンの基本的な情報を以下の表にまとめました。

名前 ハバナブラウン:Havana Brown
出身 イギリス
体型 セミフォーリン
体重 3〜5kg
寿命 10〜15年
毛種 短毛種
主な毛柄 ソリッド
主な毛色
チョコ
主な目色
グリーン

ハバナブラウンの歴史

ハバナブラウンは1950年代初頭にイギリスで誕生しました。

イギリスのブリーダーは、シールポイント(体の末端がこげ茶色)のシャムやロシアンブルー、 短毛の黒猫を交配することにより、エメラルドの目でチョコレートブラウンカラーの猫を生み出しました。

1958年にはイギリスの猫の品種登録団体であるGCCFにより「チェスナットフォーリンショートヘアー」という猫の品種で認識されましたが、 後に「ハバナ」として認識されました。

1950年代半ばにハバナブラウンはアメリカに渡っており、アメリカでも独自に繁殖がされました。 1964年にはアメリカに本部を置く猫の品種登録団体のCFAにより「ハバナブラウン」として登録されました。

ハバナという名前の由来は2つ知られています。 1つ目はハバナブラウンと同じ色の被毛をもつハバナウサギにちなんで名付けられたという説です。 2つ目はタバコであるハバナ葉巻の色に似ていることから名付けられたという説です。

歴史のポイント

  • 1950年代初頭にイギリスで人為的に生み出された
  • イギリス、アメリカそれぞれで繁殖され複数の品種登録団体に登録された
  • 「ハバナ」の名前の由来は、ハバナウサギかハバナ葉巻であるという説が有力

ハバナブラウンの特徴と性格

ハバナブラウンの成猫(全身)

ハバナブラウンの特徴はチョコレートブラウン単色の被毛と、鮮やかなグリーンカラーの目です。 ぷっくりと突き出た口元(マズル)も野性的に見え特徴的です。

なお、ブリーディングされた地であるイギリスとアメリカではハバナブラウンの体型や見た目は少し異なると言われています。 イギリスタイプはシャム(サイアミーズ)のオリエンタルタイプに近い体型で、アメリカタイプはセミフォーリンタイプの体型です。

ハバナブラウンの性格はとても愛情深く、賢い猫と言われています。 人にかまってもらうのが大好きな猫で、飼い主に手を出したり後ろをついてきたりすることが多いでしょう。

特徴と性格のポイント

  • チョコレートブラウンの被毛とグリーンの目が特徴
  • 口元(マズル)がぷっくりと突き出ているところが特徴
  • 愛情深く、人にかまってもらうのが大好きな性格

ハバナブラウンの飼い方

ハバナブラウンは人の注意を引きたがります。 相手をしてあげないとハバナブラウンのストレスをためることになってしまいます。 十分にかまってあげる時間をとってあげることが重要です。

とても賢い猫でもあるので、おもちゃを投げて取ってきてもらう「フェッチ」ゲームや おもちゃを隠して探すような頭を使うゲームが適しています。 頭を使いながら人間とやり取りできるような遊びを選んであげましょう。

飼い方のポイント

  • かまってあげないとストレスを感じてしまうので十分に相手をしてあげよう
  • とても賢いので知的好奇心をくすぐるような遊びをしてあげよう

ハバナブラウンと似ている猫の種類

ハバナブラウンに似ている猫種としてはシャム(サイアミーズ)が挙げられます。 ハバナブラウンの先祖はシャムなので、似ているのにも納得ができます。

イギリスで繁殖したタイプのハバナブラウンはオリエンタルタイプに近い体型で、シャムと良く似ています。 イギリスではハバナブラウンは茶色いシャムと考えられることもよくあるようです。

目の色を比較してみると、シャムはブルー系ですがハバナブラウンはグリーン系です。 見分けるポイントとなるでしょう。

あわせて読みたい
オリエンタルタイプの体型(全身)
シャム(サイアミーズ):性格など特徴をシンプルに解説!シャム(サイアミーズ)はどんな猫の種類なのかを解説! シャムに関する基本データや歴史、特徴・性格、飼い方、似ている猫の種類についてわかりやすくシンプルにまとめています。…

参考文献

RELATED POST