猫の種類

コーニッシュレックス:性格など特徴をシンプルに解説!

コーニッシュレックスの成猫(全身)

コーニッシュレックスはどんな猫の種類なのかを解説します。

コーニッシュレックスに関する基本データや歴史、特徴・性格、飼い方、似ている猫種についてわかりやすくシンプルにまとめています。

他の猫の種類について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
全44種 猫の種類の一覧
【猫の種類】全44種の人気で有名な猫を写真付きで一覧にまとめ!有名で人気な全44種類の猫を写真付きで一覧にまとめました。 毛の長さ、体型、毛の模様のそれぞれで絞り込み検索することができます。…

コーニッシュレックスの基本データ

リッチくん
リッチくん
チャートと表を使って、コーニッシュレックスの情報をシンプルにまとめました。

チャートでわかるコーニッシュレックス

コーニッシュレックスの特徴を9つの観点で評価しチャートにしました。

しつけのしやすさ
[4.0/5.0]
手入れのしやすさ
[5.0/5.0]
毛の抜けにくさ
[4.5/5.0]
鳴き声の静かさ
[3.5/5.0]
運動量の少なさ
[2.5/5.0]
食事量の少なさ
[4.5/5.0]
なつきやすさ
[5.0/5.0]
子供適応性
[4.0/5.0]
他ペット適応性
[4.0/5.0]

表でわかるコーニッシュレックス

コーニッシュレックスの基本的な情報を以下の表にまとめました。

名前 コーニッシュレックス:Cornish Rex
出身 イギリス
体型 オリエンタル
体重 3〜4kg
寿命 11〜15年
毛種 短毛種
主な毛柄 ソリッド、タビー、ティップド、パーティーカラー、キャリコ&バイカラー、ポインテッド
主な毛色
ブラック
ホワイト
ブルー
チョコ
シナモン
レッド
クリーム
主な目色
ブルー
グリーン
ヘーゼル
カッパー
オッドアイ

コーニッシュレックスの歴史

コーニッシュレックスの歴史はイギリスの南西部にあるコーンウォール州の地域から始まります。 1950年にエニスモア夫人の元に生まれた、短くカールした被毛をもった猫がコーニッシュレックスの最初と言われています。

エスニモア夫人の元で生まれたその猫は、カリブンカ(Kallibunker)と名前をつけられました。 エニスモア夫人がイギリスの遺伝学者に聞いたところ、 カリブンカの独特な被毛や容姿は自然的な突然変異が原因であることがわかりました。

独特な容姿の猫に興味を持ったエスニモア夫人は繁殖をすることに決め、 短いカールした被毛を持つ猫を増やしていきました。 この独特な容姿の猫は、コーンウォール州の英名である「コーニッシュ」と、巻き毛のウサギである「アストレックス」からとって 「コーニッシュレックス」と名付けられました。

1957年にはイギリスからアメリカに渡り、ブリーディングが続けられました。 優れた遺伝的多様性を得るために、サイアミーズやアメリカンショートヘア、ハバナブラウンなどの品種とも交配し、 健全な品種としての基礎が作られていきました。 1964年には猫の品種登録団体であるCFAによりコーニッシュレックスが猫種として登録されました。

歴史のポイント

  • 1950年にイギリスで生まれたカールした被毛の猫がルーツ
  • 独特は容姿は自然的な突然変異であることがわかり繁殖が進められた
  • 1957年にはイギリスからアメリカに渡り、1964年には品種として登録された

コーニッシュレックスの特徴と性格

コーニッシュレックスの成猫

コーニッシュレックスの特徴はカールした縮れ毛とオリエンタルタイプ特有のほっそりとしたスリムな体型です。

被毛にオーバーコート(保護毛)はなく、巻き毛はシルクのような手触りでとても柔らかい毛質です。なお、ヒゲまでもカールした縮れ毛です。

スリムで筋肉質であることから、猫界のグレイハウンド(犬の種類)と言われることもあるようです。

コーニッシュレックスはとても活発でエネルギッシュな猫です。 犬のように、おもちゃを投げて回収するフェッチゲームが好きな子も多いようです。

コーニッシュレックスの性格は愛情豊か社交的です。 膝の上に乗ってきたり、顔を擦り付けてきたりすることが多いでしょう。 活発な猫なので、静かな猫が好きな人には向いていないかもしれません。

特徴と性格のポイント

  • カールした縮れ毛とスリムな体型が特徴
  • とてもエネルギッシュで遊ぶのが大好き
  • 愛情豊かで人に良くなつく

コーニッシュレックスの飼い方

コーニッシュレックスは社交的な猫で長い時間一匹でいるのを好まない猫です。 できるだけ一緒に居てあげるか、他のペットを一緒に飼ってあげると良いです。

特徴である巻き毛の手入れはあまり必要ではありません。 カールした縮れ毛の繊維は弱いので、手入れをするときは優しくしてあげる必要があります。 柔らかいブラシや細かいクシを使ってブラッシングしてあげましょう。

コーニッシュレックスはとても賢い猫なので、 ドアを開けたりちょっとしたいたずらをすることもあるので気をつけましょう。

飼い方のポイント

  • 寂しがりやなので出来るだけ一緒にいてあげるようにしよう
  • 縮れ毛の被毛は弱いので優しくブラッシングしてあげよう
  • とても賢いので、いたずらには気をつけよう

コーニッシュレックスと似ている猫の種類

コーニッシュレックスと似ている猫の種類はデボンレックスサイアミーズが該当します。

デボンレックスはコーニッシュレックスと同様にカールした縮れ毛の被毛です。 体型はセミフォーリンタイプなのでコーニッシュレックスのほうがスリムな体型です。

デボンレックスもコーニッシュレックスもどちらも巻き毛ですが、 遺伝子は別物であることがわかっています。 毛の巻き度合いや触り心地も少し違って、デボンレックスの方が巻き具合は弱くスエードのような触り心地です。

あわせて読みたい
デボンレックスの成猫(全身)
デボンレックス:性格など特徴をシンプルに解説!デボンレックスはどんな猫の種類なのかを解説! デボンレックスに関する基本データや歴史、特徴・性格、飼い方、似ている猫種についてわかりやすくシンプルにまとめています。…

サイアミーズ(シャム猫)はコーニッシュレックスと体型が似ています。 どちらもオリエンタルタイプの体型で、ほっそりとスリムな見た目です。

サイアミーズの被毛は短く、なめらかな触り心地です。

あわせて読みたい
オリエンタルタイプの体型(全身)
シャム(サイアミーズ):性格など特徴をシンプルに解説!シャム(サイアミーズ)はどんな猫の種類なのかを解説! シャムに関する基本データや歴史、特徴・性格、飼い方、似ている猫の種類についてわかりやすくシンプルにまとめています。…

参考文献

RELATED POST